サングラスで目のトラブルを予防しよう

機能性を有さないメガネは伊達メガネだけで、それ以外のメガネには目的があります。サングラスの場合は紫外線が目に悪影響を与えるのを防ぐ目的があります。紫外線は眼球の細胞に刺激を与えて、眼病を促進させるのです。紫外線が肌に悪影響を与えるのはよく知られており、シミやソバカスの原因になります。眼球の場合は皮膚ではなく粘膜なので、紫外線の悪影響はより大きくなるのです。

例えば角膜の炎症により痛みを招くことがありますし、将来的には白内障のリスクを高めます。特に外で仕事をする人は、必然的に眼球が受ける紫外線量が多くなるので、サングラスで紫外線をブロックしましょう。眼病は中年世代くらいからリスクが高まるため、若年のころから予防対策を徹底しておくのがおすすめです。

サングラスにはこんなメリットもある

紫外線から目を守るだけがサングラスの役割ではありません。眼球に花粉やウイルスが侵入するのを抑え、花粉症や感染症を予防するうえでも役立ちます。もしサングラスをしていなければ、目が直接的に外的刺激を受けることになります。眼球に蓄積したダメージは眼精疲労を招き、その状態が続くと眼病のリスクが上がるのです。サングラスは風から眼球を守るためにも便利で、それにより眼球の乾燥を抑えられます。粘膜である眼球は非常に乾燥しやすく、ひとたびドライアイになると簡単には改善しません。眼球のうるおいを保持し、痛みやゴロゴロ感を予防するためにもサングラスを活用してください。目を守ることは人生の質を高めることにもつながります。

サングラスのレンズの色によって、眩しさを軽減するだけではなく見え方などが違ってきます。グレーは光を均一にカットしながらも自然な視界を作り、ブラウン系は視界のコントラストを高めるなどの効果が得られます。

カタログギフトを贈り物として選ぶ時に気を付けたいことは? Previous post カタログギフトを贈り物として選ぶ時に気を付けたいことは?
花粉症対策にメガネは効果ある!?使い方やメリットデメリット Next post 花粉症対策にメガネは効果ある!?使い方やメリットデメリット
Close