都市部で壁面緑化が増えているのはどうして?

都市部で緑に覆われたオフィスビルやホテルを見ますが、これは壁面緑化が取り入れられています。古い建物の表面を覆う自然発生した蔓植物を見ることがありますが、同じ事を人工的におこなっているのです。理由はいくつかあり、ひとつが都市部における環境対策です。地方や郊外と比べてアスファルトやコンクリートが多い都市部ではヒートアイランド現象がいわれており、その対応策として取り入れられています。壁を覆う緑が外壁の表面温度を下げ気温上昇を抑えてくれるのです。

また壁の緑化は企業にとって集客力のアップにもつながります。ショッピングセンターや大型複合施設に施工すればオシャレで話題になりやすいだけでなく、訪れる人をリラックスさせ、滞在時間やリピーター率の向上に効果があることがわかっています。

いろいろある壁面緑化!自分でもできる?

壁面緑化は使用する植物や手法に種類があります。蔓植物の成長を利用して上にのばしていくのが一般的ですが、壁の上部にプランターを置いて下に垂らすこともできます。植物を組み込んだユニットを壁にはめ込む、プランターを積み重ねるといった方法もあり、使用する植物も様々です。ただきちんと手入れをすることが大切で、怠ると景観に問題が生じるだけでなく虫が発生して衛生面に影響することになります。

自分でやってみたいけど手入れが大変そう、というときはフェイクグリーンを使用します。もちろん生の植物のように空気を清浄化する効果はありませんが、一年を通してデザイン性を保つことができるうえ、手入れも簡単なので手軽に取り入れることができます。屋外の場合は色あせが心配かもしれませんが、紫外線対策が施された商品を使用すれば安心です。

壁面緑化とは建築物の壁を植物で覆う事です。ヒートアイランド現象の緩和に大きく貢献できる他、省エネやリラックス効果なども期待できます。

目を健康に保つポイントはサングラス!?サングラスに期待できることは Previous post 目を健康に保つポイントはサングラス!?サングラスに期待できることは
おでかけするのが楽しくなる!?春のファッションアイテム三選! Next post おでかけするのが楽しくなる!?春のファッションアイテム三選!
Close